So-net無料ブログ作成
検索選択

2013年度「ブレーメン館」6月研究会のご案内 [「ブレーメン館」研究会]

 初夏を迎える季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて、6月の研究会のご案内をいたします。今回は、ブレーメン館会員の安髙誠吾さんに発表していただくことになりました。研究会に続いて、同人誌『ブレーメン館』第11号の出版記念会を行いますので、よろしくご参加下さい。

研究会
発表者: 安髙 誠吾(やすたか せいご)さん
発表題目: 「ドイツのユダヤ人画家フェーリックス・ヌスバウムについて」
日 時: 6月29日(土)14:00~16:00
場   所: 北海道情報大学札幌サテライト
     (札幌市中央区北3条西7丁目緑苑ビル、北大植物園入口正面、玄関南向き)
参加費: 一般参加者500円、大学生以下の学生および会員は無料

発表要旨: 
  日本ではあまり知られていませんが、今回はドイツのユダヤ人画家フェーリックス・ヌスバウム(1904-1944)の作品を紹介します。ヌスバウムはナチスの手を逃れベルギーに潜伏しますが、密告され、妻と共にアウシュビッツで命を奪われます。不安な逃亡生活の中でも秘かに制作を続け、「私が滅びても、絵は死なせないでくれ」と言い残しました。その言葉は受け継がれ、1998年に開館した生地オスナブルックのヌスバウム美術館として実現されました。その美術館を設計したポーランド生まれの建築家ダニエル・リベスキントにも言及します。

発表者のプロフィール:
  1944年東京生。北大文学部・文学研究科でドイツ文学を学ぶ。北海道教育大学に勤務。関心領域はユダヤ思想、宗教学、絵画、演劇、映画などの表象芸術。最近は内田樹の著書を乱読しながら、他者論や存在論に関心を寄せています。

『ブレーメン館』第11号出版記念会
日 時: 6月29日(土)17:00より
場   所: スナック・ボンボンマミー(札幌市中央区南5条西3丁目)

2013年度年会費未納の方は振込をよろしくお願いいたします
振替口座記号番号 02750−4−66631  口座名称 ブレーメン館








共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。